心理カウンセラーの資格を取得するヒント|丁寧な指導で資格ゲット

認定心理士を取得する理由

メンズ

基礎を習得した証

心理学関連の資格には臨床心理士や産業カウンセラーなどさまざまなものがありますが、そのなかであまり知られていない認定心理士という資格があります。認定心理士は大学で心理学を専攻し、必要となる単位を取得して、大学を卒業することができれば試験を受けずに得ることができる資格です。認定心理士は心理学の基礎を習得できたという証であり、職場によってはカウンセラーや心理相談で働くことができるところもあります。心理学の基礎を習得したものとして必要とするところもあるといわれていますが、やはり臨床心理士に比べると知名度は低く、就職に有利かといえば認定心理士だけでは難しいところもあるといわれています。多くの人は認定心理士と同時に別の資格を有するか、さらに臨床心理士の資格取得を目指すかを選択することがあります。

他の専門職と一緒に

では認定心理士は、取得すればどのように利用することができるのかといいますと、心理学の基礎を習得した証というわけで、教員免許の資格を取得している人や法関連の資格を有している人が持つことで、教師では生徒や生徒の親から、そして法関連では法律相談する相手からの話を受け付けるのに取り組みやすくなるといわれています。心理学関連の資格を有することで相談者が話しやすく感じることもあります。実際に心理学の勉強でも、人の話を聞くための授業があるところもあります。このように他の資格と一緒に有することで、他者からの信頼を得られやすくなり、専門的なスキルと同時に人間の心についての知識を持つ専門家になることができるということで、さらにスキルアップにつなげていくことができるようになります。